本キャンペーンは終了いたしました。
ページ内の情報は
キャンペーン終了時点のものです。

App Store

Google Play ストア

ロビンフッドはどんな会社か?

ロビンフッドは、個人投資家向けに証券売買アプリを提供してる証券会社となります。
2013年にカルフォルニア州でスタンフォード大学卒の二人によって起業された、フィンテック起業となり、会社のミッションには「democratize finance for all(全ての人に金融を民主化する)」を掲げています。これまでの米金融業界は、どちらかと言えば富裕層を厚遇し、小口の投資家には高い手数料などを設定し、投資障壁を高くしていました。
また、ユーザーインターフェースもPCでの取引を中心に考えられており、利用者に優しい環境とは言い難い状況でした。

しかし、同社は、スマホを使った簡単な操作により、米国株式、ETF(上場投資信託)、オプション取引、暗号資産の売買を誰でも簡単にできるようにしただけでなく、暗号資産を除いて、手数料を無料にしています。
また、テスラのように株価が高額な銘柄も0.5株といった単位未満株や100ドル分といった金額ベースでの株式購入を可能にしています。これらが個人投資家、とくに若年層に支持され口座数は1300万口を超えています。

個人投資家がヘッジファンドを打ち負かす

ロビンフッドの名を日本で一躍有名にしたのが、今年1月に起きた「ゲームストップ株」の一件です。
これは、レディット(reddit)という米国の掲示板型ウェブサイト(日本の2ちゃんねるより匿名性が低い)にある「ウォールストリートベッツ(WSB)」という個人投資家向けのフォーラムなどを通じて、ヘッジファンドが空売り(株価の値下がりで利益を狙う取引)を仕掛けたゲームストップ株の購入を呼びかけ、最終的には個人投資家が共闘して株価を暴騰(年初に17ドル台だった株価が1月27日には483ドルまで上昇)させ、ヘッジファンドに大きな損失を与えたとされる一件です。

この件は、個人投資家がヘッジファンドを打ち負かしたと報道され、日本でも話題になりましたので、ご記憶の方も多いと思います。
この時、個人投資家が主に利用した証券会社がロビンフッドでした。

そして、ロビンフッドのユーザーを「ロビンフッダー」と呼びます。これまでの株式市場では、個人投資家がヘッジファンドを打ち負かすことなど、皆無に等しかったので、非常にセンセーショナルな出来事であったと同時に、株式市場が新しい時代に入ったとみることもできそうです。

上場予定は7/29 22:30

ロビンフッドは同社のブログ上で、今年3月23日に米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)を申請したことを発表しました。最新の報道では、上場予定日は日本時間の「7/29 夜」と伝えられています。

IPO市場では、企業の評価額が10億ドルを超える未上場のスタートアップ企業を幻の一角獣になぞらえて「ユニコーン企業」と呼びますが、ロビンフッドの企業価値は300億ドルを超えると言われています。
評価額が100億ドルを超える企業は、デカコーン企業と呼ばれ、ロビンフッドはこれに分類されます。

PayPay証券では、今後も取扱銘柄を追加していく予定ですのでご期待ください。

App Store

Google Play ストア

このページに関する情報

《ライターによる宣言》
私、佐藤隆司は本調査資料に表明された見解が、対象企業と証券に対する私個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。
また、私は本調査資料で特定の見解を表明することに対する直接的または間接的な報酬は、過去、現在共に得ておらず、将来においても得ないことを証明します。

《利益相反に関する開示事項》
●エイチスクエア株式会社は、PayPay証券株式会社との契約に基づき、PayPay証券株式会社への資料提供を一定期間、継続的に行うことに対し包括的な対価をPayPay証券株式会社から得ておりますが、本資料に対して個別に対価を得ているものではありません。
また、銘柄選定もエイチスクエア株式会社独自の判断で行っており、PayPay証券株式会社を含む第三者からの銘柄の指定は一切受けておりません。
●執筆担当者、エイチスクエア株式会社と本資料の対象企業との間には、重大な利益相反の関係はありません。

《金融商品取引法に基づく表示事項》
●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、
「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

《免責事項等》
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。
●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。
●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社及びエイチスクエア株式会社は一切の責任を負いません。
●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。